マッチングアプリでデートに誘うタイミングはいつがベスト?事例を交えて解説

ぺあーずやタップル、tinderなどのマッチングアプリでマッチングしたものの、

「いつデートに誘っていいのかわからない」

「デートに誘ったら急に返信が来なくなった」

「どれくらいメッセージのやり取りをして誘うのが良いんだろう」

と考えたことがある人は多いはずだ。

実はマッチングアプリにおいて本当の意味でデートに誘うベストタイミングというのは存在しない。

ケースバイケースだからだ。

しかし確率の高い、効率の良いデート打診のタイミングは存在する。

本ページでは実際に事例を交えつつ、確率の高いデート打診のタイミングについて解説する。

結論から言うと、ペアーズのような真剣度の高いアプリで1日~3日程度、タップルやtinderのようなカジュアルなアプリは1日~2日程度で誘うのがベストである。

間違っても他のサイトに書かれているように数日~一週間程度なんてやっていてはダメだ。こう書かれてているものは確実に実際に検証したことがない人が書いている。

そして余談だがネットに転がっているしっかりしたサイトに見えるものほど女性ライターが書いている。注意しよう。

デートに誘うタイミングは出来る限り早い方が良い

マッチングアプリにも様々だが、どのアプリでも言えることはデートに誘うタイミングは出来る限り早めた方が良いということだ。

ペアーズでもタップルでもtinderでもwithでもomiaiでも、特に理由がなければその日にデートに誘うようにすべきだ。

何故早く誘った方が良いのか

その理由は単純明快、メッセージのやり取りは長引けば長引くほどメッセージ段階で終了してしまうからだ。

一通目の返信が来て2通目の返信が来る確率よりも10通目の返信が来る確率の方が遥かに低い。

また、日数的にも1日目で返信が途切れる確率よりも3日目で返信が途切れる確率の方が遥かに高いため、返信率の高い1日目で誘うことがベストである。ただそれだけのことである。

ただファーストメッセージ(最初のメッセージ)で誘うのはNGだ。※理由は後述

目安としては自分が送るメッセージ換算で5通~10通程度。ちなみに俺は5通目前後で誘うことが多い。

誘い方はどうするべきか

デートの誘い方は「とにかく会いたい」という目的であれば食事やお茶、相手の趣味に合わせた施設(カラオケ、美術館など)に誘うのが無難である。

「今度お食事に行きましょう。」

「お時間合えばお茶でもしませんか?」

「○○食べに行きましょう。」

のような誘い方でOK。

ワンナイトが目的であればこのような誘い方は上手く行かないことが多いが、普通に会ってみるだけ、という目的であれば食事は最も警戒されにくく、また女子にもメリットがあるため断られるケースは少ない。

実際に誘ってみた事例

「本当にそんなに早く誘って大丈夫なのか?」

と思う方も多いと思うので実際にデートに誘った様子のスクリーンショットを貼っておく。

※プライバシー保護のため不要な情報は伏せております

1人目:タップル、4通目でカラオケ打診

二人目:タップル、6通目で夕食打診

三人目:ペアーズ、6通目でドライブ打診

流れとしては、

1通目:趣味と絡めて挨拶

2~3通目:休みなどを聞く

4~6通目:デートに誘う

というパターンが多い。

挨拶して相手からの質問が多くて休みなどが聞けない場合は、先にデートに誘って休みを聞くパターンもある。

アプリでデートに誘うベストタイミングとは

デートに誘うタイミングについては正直上述したところまでで十分だと思うが、それでもやはり、

「1日目で誘うにはのはやはり早すぎなのではないか?」

「早く誘って会える確率の方が低いのでははないか?」

「多くの他のサイトに書かれているように1週間くらいメッセージで和んだ方が良いんじゃないか?」

と考える人は多いと思う。

しかしそれらは完全に間違いである。

出来る限り早くデートに誘った方が会える確率は上がる。

しかし上述した通り、一通目で誘うことはいかなるケースでもNGだ。

また、目安を5~10通としているが、場合によってはそれ以内で誘った方が良い場合もあるし、それ以上掛けた方が良い場合もある。

ではベストタイミングはいつだろう?

それは、

「女子が急すぎると思わない最短速度」

である。

なので、

「こんにちは!今度ご飯行きましょう」

と一通目で送るのはNGだし、5通目くらいでも女子の心理状態が「急すぎる」となっていればNGを食らう。

しかし俺は上述した通り5通くらいで誘って拒否されたことは一度もない。

マッチングアプリを使う女子の目的は異性と出会うこと

巷のマッチングアプリ指南サイトでは、

「メッセージで仲良くなってからデートに誘うべき」

「誘うタイミングは数日~一週間程度」

「すぐにデートに誘うのはNG」

としているが、これらは全部間違った情報だ。

何故ならペアーズやタップル、tinderのようなマッチングアプリは出会い系アプリだからだ。

目的ではアプリで異性との出会うことであってメッセージで仲良くなることではない。

プロフィールに「友達を探している」と書いていても結局は異性との出会いを目的としているのだ。

出会うまでの希望が「メッセージを重ねてから」となっていても、本音は実際に会ってみないとわからないし、会ってみないことには恋愛対象として好きか嫌いかわからないというのが大多数の女子の考えである。

ただ多くの女子は出会い系アプリで出会うことに対して抵抗があるのも事実。

すぐに「会おう」と言われてホイホイついていくほど軽い女にはなりたくないし、そう思われたくないのである。

だから一通目で、

「こんにちは!今度ご飯行きましょう」

と言ってもほぼ無視されるだろう。

また、5通目くらいでも食い付きが悪く、遠まわしに「まだ早い」と思われていると感じることはある。その際は以下のような手法で「急すぎる」というブレーキを緩める必要がある。

デートに誘って食い付きが悪い際の対処法

上述した通り、特に出会い系アプリにまだ抵抗がある女子はすぐに「会おう」と言ってくる男性に対して拒否感を抱くことがある。

ただマッチングした段階でそれなりに魅力を感じているわけだから、「会ってみたい」という気持ちもある。

そのため早すぎるデート打診には以下のような食い付き悪めの返信が来ることがある。

「すぐには難しいけど…」※上スクショ参照

「今予定が埋まってて…」

「行きましょう」のみの簡素な返信

これらが来た時は「会ってもいいけど、すぐには…」という心境を抱いている。

この場合以下の2つの方法で女子の「よくわからない拒否感」をほどいてあげよう。

話題を変えてメッセージを引き伸ばす

「今度夕食に行きましょう」

とデートに誘って、

「すぐには難しいけど行きましょう」

と来た場合は、

「いつなら空いてますか?」

のようなデートの日程に関するメッセージではなく、

「最近食べてこれ美味しかった~みたいなものある?」

のようなやや話題を変えていって和む、という手法を俺はよく使う。

「すぐには難しいけど」

「しばらく予定が埋まっていて…」

のような返信は本当に自分が忙しくて「会えない」という可能性もあるが、それ以上に、

「よく知らない人とはすぐに会えない」

と思われている可能性の方がずっと高い。

なのでこれらの返信が来た時は、

「デート内容にある程度関連しているが、すぐにデートに繋がるわけではない程度のメッセージ」

を送ってもう少しメッセージを続けてみよう。

しばらくしてタイミングを見計らって日程調整の話をしてみよう。

プロフィールを充実する(効果絶大)

早めにデート打診して、食い付きが悪い時は高い確率で、

「よく知らない人とはすぐに会えない」

と思われている。

これを解消する方法は上述した「もう少しメッセージで和む」という方法もあるが、それよりも、

「プロフィールを充実させてイメージしやすくする」

という方法の方が効果的だ。

例えば、

  • 仕事
  • 趣味
  • 好きな音楽
  • 好きな映画
  • 休日の過ごし方

などがプロフィールに書かれていればどような人なのか想像しやすい。

どのような人か想像してもらうことができれば、「よく知らない人」というブレーキがかかりにくくなる。

また、この際単に文字で書くのではなく、サブ写真を使って更にイメージしやすくすることが重要だ。

例えばダーツが趣味ならダーツの写真、スーツでする仕事しているならスーツ姿の写真を使うといった感じだ。

とにかくプロフィールでどんな人なのか、女子にイメージしてもらうことが重要だ。

多くの女子はイメージできない(よくわからない)人とは「会うのが怖い」という深層心理みたいなものが働くので、プロフィールでそれを取っ払ってあげよう。

まとめ

上記をまとめると以下の通り。

  • デートに誘うタイミングは1日目~2、3日程度
  • 出来る限り早い方が良い
  • 目安は5通目、長くても10通程度
  • 誘って食い付きが悪い時は少し和む
  • 食い付きをよくするためにプロフィールを改善する

これでマッチングから会うまでの確率がかなり向上するはずだ。

それでも、

「マッチングしてすぐにデートに誘うのには抵抗がある」

と感じる人はそもそもマッチング数が少なすぎるかもしれない。

その場合は下記ページを参考にマッチング数を増やそう。

ネット上にはマッチングアプリの攻略法、指南サイトがたくさんあるが、どれも同じようなことが書いていて、信用が出来ない。 「プロフィール写...
前回(プロフィール写真編)の続きです。 前回解説した通り、プロフィール写真がイケメンでもあまり「いいかも」が付かない場合もあったし、逆...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする