ハッピーメール実践1週目、出会い系アプリは業者判別スキルが必須か

出会い系アプリ初体験はハッピーメールだ。詳しくは説明できないがそもそもこの選択はあまり良いとは言えないらしい。信頼できるとある筋からの情報だ。

ハッピーメールはネット上の評判は悪くない。大手なので女子もたくさん登録している。androidのアプリレビューも意外と良い。

俺はどのアプリが良いかどうかを判別するために、「女子」という単語を入れて検索してみたが、やはり上位表示しているサイトでハッピーメールをお勧めしていることが多かった。

つまり「出会い系アプリ おすすめ 女子」で検索した女子がハッピーメールを登録する可能性が高いのだ。

だからハッピーメールに素人女子はちゃんといる。というのが俺の推測だ。

だが実際は他に適しているアプリがあるとのことだ。

ハッピーメールは素人もいるが業者も多い

業者とは援デリと呼ばれる援助交際あっせん業者のことだ。援デリに関してはスポライター、鈴木氏の「最貧困女子」という本を読めば詳しい情報が載ってあるが、端的に言えば素人が小規模の組織(または単独)で行っているデリヘル業者だ。もちろん違法である。

ハッピーメールに限らず出会い系アプリ、マッチングアプリにはこの援デリがほぼ確実に紛れ込んでいるらしい。

ハッピーメールは知名度が高く利用者数がめちゃくちゃ多いので、利用者がいる振りをするいわゆるサクラはほぼいない。

だが援デリはすげーたくさんいる。しかもこれの見極めがかなり難しく、ある程度積極的にj活動すると100%回避することは出来ない。もちろん援助を求められたら無視すればいいだけだが。

業者を見極めるポイント

せっかくなのでこれから利用する人のために業者を見極めるポイントを紹介しよう。ただし戦術した通り巧妙なモノもいるので100%見極めることは不可能だ。

業者を100%回避したければ誰も買わないようなブスアイコン画像の女子を狙うしかないのである。

以下は業者を見極めるポイントだ。他のアプリでも応用できると思う。

  • プロフィール画像が胸や身体強調のもの(ほぼ100%)
  • プロフィールに大人の出会い、付き合いをほのめかすもの(ほぼ100%)
  • お相手の対象年齢幅が60代以上等広すぎる

可愛すぎるというのも業者の可能性が高いといえば高いのだが、これに関しては本人の主観もあるし可愛いからといって必ず業者とも限らないので「可愛すぎる」は除外しておく。

可愛い顔の人を除外してしまうと可愛い女子と出会えなくなってしまうので。

管理人が業者だと分からなかったユーザーの特徴

ハッピーメールは男が使うとメールを送るたびに課金されるわけなので(実際には前払いのポイント消費なのだが)、業者は極力避けたい。

なのでありとあらゆるサイトを読み漁ってある程度判別できるようになったのだが、それでも援デリに送ってしまったことがあった。

以下はその援デリの特徴だ。

  • 顔はやや美人。みんな盛っているのでアプリの中では平均的
  • 年齢は30代後半
  • 人妻
  • 自己紹介等プロフィールはいたって普通。平均的
  • お相手の対象年齢幅が60代以上等広すぎる

一番下のこれが問題だった。それ以外は判別不能だ。同じ轍を踏まないように注意したい。

ただ、この「お相手の対象年齢幅が60代以上等広すぎる人」が必ず業者とも限らない。

俺は60歳以上までOKとしている女子は確実に除外すべきなのか、何名か「いいね!」やメール送信などをしてみたが、大人の関係を迫られはしなかった。

スルーはされたが、年収1000万以上で登録している人相手にスルーは不自然である…

なので「お相手の対象年齢幅が60代以上等広すぎる」は100%避ける相手ではないというのが俺の見解だ。初期設定のままの可能性がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です