ハッピーメールで出会えない人のために教える誰も教えてくれない本当の出会い方

ハッピーメール、もとい出会い系アプリを使うようになって早1カ月。

正直思った以上に苦戦している。

が、1カ月くらい使えばだいたいわかるようになってくる。

実はこれを書く前日まで「ハッピーメールで出会うのは効率悪すぎるのではないか」と思ってもうやめようと思ったところだ。

初回登録と同時に課金した金額は1万円。ボーナスポイント等を含めてスタート時の保有ポイントは1500くらい。出会えたのはわずかに一人だ。それもかなり運が良かったと思える相手だ。

関連記事:ハッピーメールで素人女子にちゃんと会うことが出来た話

それ以降は鳴かず飛ばずで約1000ポイントを使うも直接会う機会に恵まれなかった。

一人会う日程まで調整できたがその翌日にいなくなっていた。ブロックされたのだと思う。

それくらい苦戦していて、ポイントが300を割ったくらいから、もう追加のポイントを買わないでおこうと思っていた。

が、つい先日、ハッピーメールで比較的簡単に出会う方法が見つかった。

正確にはまだ直接会ってはいないのだけれど、わずか1日で現段階で日程が決まっているのが2、会える確率が極めて高い人が一人、好感触の人が2人いる。

上記の女子はいずれも好感触で本当に「今までの苦労は何だったのだろうか」と思っている。

というわけで今日は「ハッピーメールで出会えない」と苦労している男子達のために、誰も教えてくれなかった本当に出会う方法をまとめる。

かなり長くなるかもしれないが最後まで読んでいってほしい。

追記:投稿時には予定段階だったが、後日無事2人とも会うことが出来た。詳細はハッピーメールで2人に会った感想と反省等【ハッピーメール攻略記】でまとめている。

出会い系で出会うための3つの原則

これはハッピーメールに限った話ではなく、どの出会い系でも、マッチングアプリでも言えることだろうと思う。

以下の3つは絶対守るべきだ。

1.選り好みをしない

まずは「女子を選ばない」というのが重要だ。

出会い系アプリには無数の女子が生息している。

年齢は18歳~50代くらいまで、かわいい系、ギャル系、清楚系等様々なルックスがいて、デブからやせ型まで実に様々だ。

ここでまず知っておいてほしいのは、それでも登録者の7割は男で女子は男子を選びたい放題であるということだ。

そしてもう一つ知っておいてほしいのは、女子は基本的に妥協せず、自分が興味を持てない男とは会わない、ということだ。

男はもちろん自分の好みの女子と出会えることが理想ではあるが、だいたいの場合、性的対象として見ることが出来ないおばさん世代や、すごいブスでデブな女子でなければ会っても良いかなと思っている。

その範囲はかなり広く、恐らく出会い系に登録している素人女子の8~9割を対象に会っても良い、会いたいと思っているはずだ。会う前の段階の話だから現実のルックスは別としてだ。

しかしそれに比べて女子は誰とでも会いたい、というわけではない。

イケメンじゃないと嫌だ、という女子は少数派だが、多くの女子は「それなりに自分のタイプで、優しそうで、話が合いそうかな」等の理由がない人と会いたいは思わない。

あくまで勘だが女子が「会っても良いかな」と思える男子はプロフィール段階だと2割もいないなじゃないかと思う。だからメールの返信率もそれくらいになるのだ。

何が言いたいかと言うと、出会い系アプリの登録者比率は圧倒的に男が多く、そして男は割と誰とでも会いたいと思っている。一方女子は絶対数が少ない上に会いたいと思える男子は一握りだと思っている。

つまりこの構図だと一人の女子に男子が集中することになるのだ。

そのため男子がプロフ段階で興味を持たない2割くらいの女子を除いて8割の女子は男子からのメールが集中する。

毎日10通のメールが男から届く女子へのアプローチ成功率はどれくらいだろうか?

10分の1?いや違う。

1日10通来るわけだから10日で100通、一カ月で300人の男からメールが来ることになる。

その女子がその中の何人に返信し、何人に会いたいと思うのかは分からないが、1カ月で3人会うとすれば競争率は100倍、自分が会える確率は100分の1になってしまうのだ。

もし自分が男性登録者の中で上位1%に入るならそのような女子だけを狙っても月に1度くらい出会うことは難しくないだろう。

しかし上位40%程度(真ん中より少し上)のレベルではこのような競争率の高い女子に出会うのはかなり難しく、非効率になってしまう。

だから大前提として、人気が殺到する女子ばかり狙っているといつまでも出会えないというわけだ。

ちなみにここで上げた1日に10通メールが来る女子というのは、特別な人気アカウントではなく20代くらいでSNOW等を使って可愛く写真を撮っているくらいの女子だ。

アプリの検索画面を開けばゴマンといる女子に毎日メールが10通以上届いていると思うべきだ。

だから選り好みをしていては、特に出会い系初心者や顔面偏差値が低い人は絶対に会うことが出来ない。

2.試行回数を増やす

これは出会い系に限らず恋愛全般において、もっと言えば仕事や私生活で何か成果を上げる場合において最も重要なことの一つであると言える。

多くのケースで出会い系アプリで出会えないのは試行回数が足りていないからだ。

当然だが女子にメールを10通、20通送ったって返信の一つもないことなんてザラだ。それは上記でも書いた通り、出会い系は競争率が高く、また女子は誰でも良いから会いたいとは思っていないからである。

だから特に最初はポイントを気にせずどんどんアプローチするべきだ。

試行回数を増やさないと成功しないのはもちろん、何が間違っているのかさえも見えてきづらい。

ちなみに俺はタップル誕生で自分にどの年齢層がマッチングしやすいか、カード1000枚単位(ポイントのようなもの)を使って検証している。ちなみにカードの値段は2500枚で11,800円だ。

そうやって試行錯誤しながら試行回数を増やしていかないと、

「どうすれば出会うことが出来るのか?」

「なぜ自分が出会えないのか」

が見えづらく、対策のしようもない。

特に初心者のうちはとにかく試行回数を増やすべきだ。

だが単に試行回数を増やすだけではだめだ。そこはある程度戦略が必要だ。ハッピーメールの戦略に関しては後述しよう。

出会い系アプリは少数に絞ってまずは使い慣れること

出会い系アプリは通常のオフラインの出会い方とまるで違う。

手前みそだが俺はオフラインの出会いには割と強く、好感触を得られやすい。しばらく恋愛市場から撤退していたのでお持ち帰りとかはないけどね。

しかし出会い系アプリを始めてつい先日までは本当に苦戦していた。

利用しているのはこのページで詳しく解説するハッピーメールと、先日登録したタップル誕生だが、どちらもまともな成果をあげられていない。約2.5万使って現状会えたのは1人のみだ。

ただ、ここ最近、特に先に始めたハッピーメールに関しては光明が見えてきて、ものすごい出会えるのではないかと可能性を感じている。

これはアプリとそのユーザーの特性を見極めることが出来るようになったからだ。

1カ月くらい毎日触っていると、メール慣れもしてくるし、業者の判別も出来るようになってくる。

ウケの良い初メールを書くスキルも上がってきたように思う。それでも返信ない人は多いけどね。

それに関してはまた後日、別の記事でまとめようと思う。もちろんこれに関しても他のサイトに書かれていない情報を晒すつもりだ。

出会い系アプリは多数存在するが、最初は1つか2つに絞ってそれを極めた方が良いと思う。

俺も最初は「ハッピーメールは出会えない」と思ってタップル誕生を登録したわけだが、今はタップルの方が難しいと感じている。

どちらも素人女子はたくさんいるし、男女比も同じくらいであろうことなので、恐らくどちらも出会える確率は同じくらいだと思う。

しかしそのアプリの特性やユーザー層は変わってくるのでそれぞれに応じた戦略が必要だ。

そういう意味であれこれ変えず、1つか2つのアプリに絞ってやるのが良いと思う。

ちなみに使うアプリはネットで有名なものなら大体問題ないと思う。

出会い系ならハピメ、PCMAX、YYC、ワクワクメール等、マッチングアプリならペアーズやタップル等でOK。

ハッピーメールの超攻略法

ここからはハッピーメールに特化した攻略法を解説する。ただ出会い系アプリは基本的にどれも同じようなものなのでPCMAXやYYC等でも応用できると思う。

ハッピーメールの攻略のポイントは以下の3つだ。

1.アプリの検索機能をメインで使わない
2.そもそもアプリをメインで使わない
3.LINE等へ誘導しない

どれも超重要だ。

とりあえず出会いたかったら掲示板を活用する

俺はハッピーメールを約1カ月間利用してきたわけだが、出会えた人数は一人だけだ。見込みのある人も先日までほとんどいなかった。

しかし先日、無料チャットで出会っているという人とお話する機会があって、無料チャットについて調べていたら、それは昔の掲示板のようなものだった。

掲示板にスレを立てて(または立っているスレに入って)1対1でチャットするというものだ。

ガラケー時代には多くの人が使っていて、出会い系アプリどころかそもそもスマホがない時代からずっとある、ネトナンの原点のような存在だ。

これを知った時、俺はハッピーメールの掲示板の存在を思い出した。

ハッピーメールは今でこそアプリの検索画面から顔を見て女子にメールを送る戦法が主流のようになっているが、PCやガラケーがメインだった時代は掲示板で出会うのが主流だった(らしい)。

そこで俺は思い切って掲示板にスレを立ててみた。

ジャンルは「友達募集」で内容は「今度食事行きませんか」

というものだ。

そしたらその日のうちにメールが来た。(ハッピーメールの掲示板は掲示板同士で会話するシステムではなくメールを送る形となる)

これまで女子の方からメールが届いたことはなかった。来ても業者アカばかりで返信するにも足りなかった。

それが初の掲示板スレ立てで、その日に来るとは…そしてその日のうちに予定立てて数日後に会うことが決まっている。

ただまともな人ではあるようだが、年齢アラフォー、顔出しなし、ぽっちゃり(身長は150以下)なのでちょっとビビってはいる笑

また、すでにスレが立っている掲示板も覗いてみた。そして書き込みはしなかったものの、足足跡を残したり、「いいね」を付けたりして回った。

すると女子の方からメールが来た。まともな女子で向こうからメールが来たのはこれで2回目だ。

その人は来週会うことになっている。1カ月で1人しか会えなかった俺が1日で2人会う予定を作っている。掲示板を少し触ったくらいで。

掲示板はずっと観ていなかったが効果は絶大だ。

※この2人の女子には無事に会うことが出来た。詳細はこちらでまとめている

日記も活用する

ハッピーメールは日記がある。日記機能はアプリ版にはなくウェブ版だけだ。

だからハッピーメールの攻略のポイントは「アプリをメインで使ってはいけない」なのだ。

日記は活用していない人がほとんどだが、中には活用している人も多い。

世の中にはガラケーを使っている人もまだまだ多いし、アプリを取らずにウェブ版でやっている人、PCで使っている女子も意外といるのだ。

そして日記をよく読んでいる人も少なからずいる。

日記を更新することで、自分のプロフ画面に来てくれる可能性が高まる。

ちなみに先日書いた日記の閲覧数は13人。俺が運営する他のブログやウェブサイトと比べると雀の涙程しかないが、それでも確実に露出にはつながるし、読み手に自分の性格、人間性を伝えることが出来る。

日記を読んで、「話してみたい」と思ってくれる女子が出てくるかもしれない。

日記は無料で書けるので出来れば週に何本か書いてみることをお勧めする。

また日記はポイント消費なしで閲覧することが出来るので読むのもお勧めだ。

日記をちゃんと書いているというだけで業者判別の判断材料にもなる。

業者は露骨なエロ系の日記は書いても普通の日記を書くことはほぼない。普通の日記を書いているアカウントは業者の可能性が極めて低い。

ちなみに日記の閲覧はやはりアプリでは出来ず、ウェブ版のみとなっている。だから俺はアカウント確認のためにウェブ版とアプリ版両方を使うようにしている。

関連記事:誰も教えてくれなかったハッピーメールの業者判別方法

顔出ししていない女子にアプローチを行う

掲示板や日記を活用するのは実はこれが理由だ。

アプリのプロフ検索機能では可愛い女子の顔がずらっと並び、顔写真のないアカウントはほとんど表示されない。そういうアルゴリズムになっている。

しかし出会い系アプリは確実に顔出ししていない女子がねらい目だ。

その理由は簡単。競争率が低いからだ。

まず顔出ししていないアカウントはアプリの検索画面にあまり出てこない、出てきてもアプローチする人が少ない。

なので多少ブスでもプロフ画像を載せている女子より競争率は確実に低いはずだ。

「顔が分からない女子はいろんな意味で怖い…」

と思うかもしれないが、正直なところ顔出ししている人の方が安全というのは100%勘違いだと言える。

あくまで気持ちの問題で、顔写真ありとなしでは安全面、ルックス共に差はほとんどないと考えられる。

まず安全面だが、いわゆる援デリと呼ばれる業者は多くの男にアプローチされたいわけだから当然顔写真を載せる。

しかもこの顔写真「明らかに可愛すぎる、美人過ぎる」とかなら分かりやすくて良いが、分かりにくいように微妙なラインの女子の写真も使ってくる。画像のソースは主にインスタグラムで、100%判別することは不可能だ。

逆に顔写真がないアカウントはアプローチが少ないし、こちらからアプローチしても怪しさ満点で大半の男は無視する。写真に苦労するなら別だが、ウェブ上やインスタから適当にとって来れば良いので顔写真を貼らない理由はない。

つまり顔出ししているアカウントの方がむしろ業者率は高いと言える。

また、可愛いイコール業者と決めつけるのも間違いで、すごい可愛いプロフ画像の素人女子も結構多い。これを逃すのは機会損失でしかない。

次にルックスの面だが、まず大前提として出会い系アプリの場合、かわいい女子でも顔出ししたくないと思う人は多いだろう。

平均より可愛い女子はいつも男に言い寄られているわけだし、出会い系なんか使えば毎日数十通メールが届く。これにウンザリしている女子は少なくないはずだ。

だからあえて顔出ししないという選択を取る女子は絶対にいる。

それに逆に顔出ししている女子も自分に自信があって顔出ししているとは限らない。

そして何よりSNOW等のアプリを使えば誰だって可愛くなれるし、痩せて見せることが出来るので「顔写真で可愛いイコール実物が可愛い」なんてことは絶対にない。

俺の過去の経験から言うと、顔写真が可愛い女子と顔写真が普通(及びちょい下)の女子なら後者の方が可愛い可能性が高い。

つまり写真は全くあてにならないのだ。

という理由から顔出しをしていない女子を狙うのは得策だと言える。

メール対応は紳士的に、テンプレでもだいたいOK

テンプレメールとは以下のようなものだ。

初めまして。
〇〇です。Aさんの××が気になってメールしました。
メール返信頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

××のところにはその女子のプロフィールに関連する何かが入る。

正直このメールは女子にとってあまりいい印象を持たれない可能性が高い。

何故ならみんな使っているから。

しかしそもそもファーストメールはただ単に会話のきっかけに過ぎない。

クラブやバーで、「君可愛いね」と声を掛けるようなものだ。

ナンパの声掛けは言葉そのものにそれほど重要性はない。話し方や雰囲気、目線や態度等が重要で、言葉そのものに関してはちゃんと相手の耳に入れば何でも良いだろう、

ファーストメールに関してはナンパと違い、開いてくれさえすれば確実に読まれるし、読まれればプロフィールの確認もしてくれる。

このプロフィールが確認される確率をメールテクニックで多少増やすことが出来るかもしれないが、俺の経験上これにはあんまり意味がない。

何故ならそもそも本気で出会いを探している女子はテンプレメールもちゃんと確認するし、アイコンで良さそうだと思ってさえくれればだいたい確認してくれる。

そこで良さそうなら返信がある。

要するに、ちゃんと出会いを求めている女子を掴み取るのが先決で、凝ったメールにしか反応しないような難しい女子はスルーすべきなのだ。

だからファーストメールは簡単なテンプレでOK。

初めまして。
〇〇です。
よろしくお願いします~

みたいな感じで手短にするのが良いと思う。手短に書いて試行回数を増やすという手法がベストだ。

関連記事:ハッピーメールのメール攻略法。ファーストメールは何を送るか

LINE等の他のツールに誘導しない

これは賛否両論あるが、本気で出会う確率を上げたければよほどのことがない限りLINE等の他のツールへ誘導してはいけない。

よほどの理由というのは相手が、

「アプリの通知を切っていて、けど〇〇さん(自分のことね)とはたくさんメールしたい」

等の理由で相手から話があった時か、もしくは継続して恐ろしくレスが速い相手くらいだろう。

前者に関しては相手からだから問題ないし、後者の場合は温度感によるがほぼ確実にこちらに気があるので拒否されることは通常ないと思う。

何故LINE等へ誘導してはいけないのか?

理由は簡単。その時点で切れる可能性があるからだ。

通常女子はスマホを一台しか持っておらず、LINEのアカウントも一つしか持っていない。よってLINEのIDがバレるリスクは極力避けたいものだ。

だからそれなりにサイト内で仲良くなったくらいの相手にIDを渡したくないと考える女子は多い。

せっかく距離が縮まっているわけだから極力相手の嫌がる言動は避けるべきだ。

繰り返しになるが女子は多数の男から毎日たくさんのメールが届いている。その中にはイケメンで高身長のハイスペック男子もいるわけだ。

いくらメールで盛り上がってい他としても、まだ会ったことがない男なんて、女子からすれば少し気の合うメール友達の一人に過ぎない。

不快に感じたらすぐに切られるだろう。

ポイントがもったいないと感じるが、ここは将来に備えて我慢しよう。ここで切れればせっかくのチャンスが水の泡。また一からポイントを使って探すのも効率的とは言えないだろう?

まとめ

ここまで紹介した手法はあくまで俺が上手くいっている方法の一つにすぎない。

向き不向きもあるし、タイミングもあるのでこれをやれば必ず成功するとは限らない。

しかし現時点で空爆戦術(プロフ検索から大量にメールを送りまくる手法)が上手くいってない人は試してみてはどうだろう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です