マッチングアプリのメッセージの返信が来ない全理由と対処方法

今回はマッチングアプリのメッセージの返信が来ない理由とその対策についてまとめます。

多くの男性は返信が来ない理由を、「サクラが多いから」「全部サクラだ」とか思っているようですが、それは違います。

また、多くの恋愛メディアでは、

「メッセージが来ないのはテンプレだから。」

「テンプレをやめよう」

とか言っていますが、それも違います。

メッセージはテンプレで問題ありません。

恋愛メディアで記事を書いている彼らライターは原稿料をもらって雰囲気で攻略法を書いています。

信用してはいけません。

本ページでは、マッチングアプリが全然来ない理由とその対処法についてまとめます。

ちゃんと対策を打てば大半の女性から返信が来ます

マッチングアプリ攻略法をnoteにまとめました

これまでマッチングアプリに苦労しまくった自分だからこそ提供出来るマッチングアプリノウハウをnoteにまとめました。

文字数にして約15,000文字
メッセージ例などの写真多数あり
価格はパーティの参加費以下

を提供しています。

興味のある方は是非下記ページをご参考ください。

※無料で読める部分だけでも十分参考になると思います。

マッチングアプリのメッセージが返ってこない本当の理由

理由は大きくわけて2つあります。

一つはメッセージがあまりにも雑すぎるから。

2つ目はプロフィールの時点で相手の食いつきが悪いからです。

特に後者による影響が大きく、ここが問題で返信が全然来ない可能性が高いです。

タメ口、質問攻めなど雑すぎるメッセージは返信が来なくなる

先に「絶対にやってはいけないこと」を書き出します。

  • いきなりタメ口
  • いきなりLINEなどを打診
  • いきなり「どこ住み?」
  • いきなり「会おう」
  • ひたすら質問攻め

まず「いきなりタメ口」は当然ダメです。

女性のプロフィールに「いきなりタメ口はスルーします」みたいに書いてあるのをよく見るので多分こういう人多いんだと思います。

次によくあるダメな例はいきなり「LINE交換しよう」「どこ住んでるの?」「会おう」の3セットです。

これらはある程度距離が縮まっていないと相手は嫌悪感を抱いてしまいます。

女性はアプリで性犯罪などに巻き込まれるリスクがあるため、信頼出来るか全然わからない人とLINEを交換したり、住んでいる場所を教えたり、会ったりするのに抵抗感があります。

注意しましょう。

最後に質問攻めですが、これもすごいありがちですがNGです。

質問攻めになってしまう人の対処法は後半でまとめます。

逆に上の5つを回避すれば簡単なメッセージで問題ありません。

テンプレでもOKです。

プロフィールの食いつきが悪いと返信率が強烈に低下する

問題はこちら。

1つ目よりもこちらのプロフィールによる女性の食付きの問題の方が圧倒的に大きいです。

おそらく大多数のまともな男性は上述したようなダメなメッセージを送ってないと思います。

にも関わらず返信が来ないのは、プロフィールの食いつきが悪いからです。

実はマッチングアプリのマッチングというのは、ペアーズでもomiaiでもタップルでもウィズでもなんでもそうですが、見えない「マッチングの質」というのが存在します。

一見同じ「マッチング成立」でも、

  • すごく良い人とマッチングできた最高
  • 良さそうな人とマッチングできたありがたい
  • とりあえずマッチングしとくか
  • めんどくさいから全部マッチングでいいや

というような感じで、相手に対する期待度が全然違います。

男性も同じで「すごい可愛い子とマッチングできた」というマッチもあれば、「まあやれなくはないかな」みたいなマッチもありますよね。

それと同じです。

「すごく良い人とマッチングできた最高」
「良さそうな人とマッチングできたありがたい」

と思った女性はメッセージ来ないかと待ち望んでいます。場合によっては向こうからメッセージを送ってきます。

逆に、

「とりあえずマッチしとくか」
「めんどくさいから全部マッチでいいや」

くらいの感覚でマッチした相手には、何の期待もしてません。

実際、プロフィールで返信率にどれくらい差が出るか、ABテストをしたことがありますが、一通目の返信率は5倍以上差が出ました。

良いプロフィールのアカウントでメッセージを送ると7割くらい(ペアーズなら8~9割くらい)は返信が来ますが、微妙なプロフィールは1~2割程度まで下がります。

メッセージの返信率を上げる対策

メッセージの返信が来ない理由は、

  • メッセージがあまりにも雑すぎる(タメ口、いきなり誘うなど)
  • プロフィールの食いつきが悪い

というところまで解説しました。

ここからはそれぞれどのようにして対策していくかを解説します。

最初のメッセージはテンプレでOK

まずメッセージですが、最初のメッセージに関しては以下のテンプレでOKです。

  • あいさつ(こんにちは!こんばんは!など)
  • 名前を名乗る(◯◯です)
  • 自由に一言(マッチ出来て嬉しいです。とても気が合いそうなのでいいねしました。など)
  • よろしくおねがいします!

後述するプロフィール対策をすれば、これで十分返信が来ます。

ポイントは自分が名乗ることとあいさつをすること。

自分が名乗ることで、相手も名乗る可能性が高く、不要な「質問攻め」を避けることができます。

挨拶は必ず送信時間に合ったものを使います。朝なら「おはようございます」、昼なら「こんにちは」、夜なら「こんばんは」です。

これだけでテンプレ感を回避することができます。

自由に一言は本当に一言で十分。僕の場合は「マッチできて嬉しいです」と入れています。

本当にこれだけで返信が来ます。

メッセージ方法について更に詳しく知りたい方は下記ページもご参考ください。

プロフィールの食いつきを上げる方法

本題はこちら。

メッセージの返信率はプロフィールで8割決まるといっても過言ではありません。

なぜなら女性はメッセージの返信をするかどうかを、プロフィールを見て判断するからです。

アプリを開いてメッセージの返信を送るまで、多くの女性の行動フローは以下のようになっています。

  1. アプリ開くと大量のいいね(100人以上)
  2. いいねの中からトップ写真を見てマッチを決める
  3. マッチした人からメッセージが来る
  4. 返信するかどうかプロフィールを見て判断
  5. メッセージ返信

大量にいいねが来る女性はまず写真を見てマッチするかどうかを決めます。

この際、特にいいね数の多い女性や仕様上いいね数が多いタップル誕生などは文字通りトップ写真のみしか見られていないと思ってください。※ペアーズの場合はトップ写真で生理的に無理でなければプロフィールまで見ていると思います。

なのでマッチ数を増やすためにはトップ写真がとても重要になってきます。

※本ページではあくまで返信率を上げる方法なので、トップ写真については触れません。

3番目、「マッチした人からメッセージが来る」以降について掘り下げると、4番目を見ての通り、女性はメッセージの返信をするかどうか、プロフィールを見て判断します。

覚えておいて頂きたいのは、メッセージを読めばかなり高い確率でプロフィールも閲覧するということです。

そのためプロフィールで女性の興味を引きつけることが出来れば、メッセージの返信はどんどん来るということです。

ではどのようなプロフィールにすれば返信が来るのか?

それは一言で言ってしまえば、

「魅力的でかつ希少性がある男性のプロフィール」

です。

プロフィールの重要度は試験したところ、

  • 年収
  • 自己紹介文
  • その他

という感じです。

特に圧倒的に年収が重要で、年収は最低でも800万以上のライン、出来れば1000万以上で設定するようにしましょう。

自己紹介文に関しては、年収と一貫性のあるものにすればOKです。

それほど凝ったものにする必要はありません。

特にアラサー以上の男性はとにかく年収が重要です。

年収を偽ることに問題はないか

年収を偽るのは気が引ける・・・

と思う方は多いと思います。

実際僕も完全にそっち側の人間で、プロフィール欄は何一つ逸偽っていません。年収も1000万以上あるので。

ですが、マッチングアプリに関してはアクティブユーザーの大半が男性で、7人の男性が3人の女性を求めてさまよっているのが現状です。

そして3人の女性はアプリで上位1~2割に入る男性を求めてさまよっています。

こうなると男性7人のうち5人はあぶれてしまうわけです。

上位1~2割り程度の男性しかモテないというのは、対面の恋愛の場でも同じことが言えますが、対面の場合、限られた集団の中で上位2割なれば良いのでそれほど厳しくありません。

大学のサークルであれば相手は同じ大学の大学生ですし、会社であれば同じ会社の中で上位2割になれば良いです。

しかしアプリは(少なくともプロフィール上では)医者や弁護士、外資系コンサル、証券アナリスト、経営者などいわゆるハイクラス男子が無数にいて、それらと同じ土俵で戦わなければならないのです。

35歳までくらいの女性であれば、年収1000万円以上狙い撃ちでも手に余るくらい選べるわけですから、年収500万円以下という男性は土俵に上がることもできないわけです。

もちろん「金がすべてじゃない」というのは間違ってないですし、実際大多数の女性はお金で男性を選んだりしません。

ただマッチングアプリの構造上、写真1枚のトップ写真でマッチングするかどうか大半が決まり、わずか数秒で変更出来る年収欄一つでメッセージの返信率が大きく変わってくるのです。

「だけど年収300万円の自分が1000万以上と偽ると実際に会った時に困るんじゃ・・・」

心配ありません。

年収1000万くらいでは全然金持ちじゃないので普通の人と生活はほとんど変わりません。

今どき年収1000万以上でもユニクロやGUを好んで着る人は多いですし、吉野家や松屋で牛丼を食べるのが普通です。

「無駄なものに使わないようにしている」

「事業資金を準備している」

「不動産を買おうと思って倹約している」

なので使えるお金意外と少ないです。

とプロフィールに書くかメッセージで伝えるかすれば全く問題ありません。

年収を1000万円以上にして一貫性のあるプロフィールにしよう

アプリには年収1000万円以上の人が多いので普通女性は、

「本当かな」

と半信半疑に思っています。

なので最低限年収1200万円以上ありそうな仕事をしていることをプロフィールに書くことが重要です。

と言っても大多数の女性は仕事のことなどまるでわからないので、

「経営者をしている」

「管理職をしている」

「役員だ」

でOKです。

これに一言付けると100点。

「IT企業でプログラミングを学んだ後に独立」

「上場企業の管理職で社外取締役」

「役員をやりつつ副業もしている」

などなんでも良いので、年収が高い理由を付け加えましょう。

その上で上述した通り、あまり使えるお金が多くないことも一言添えておくと安全です。

まとめ

先にも触れましたが、マッチングアプリは本来肩を並べることのな、いわゆるハイクラス男子と同じ土俵で戦う必要があります。

合コンなど対面であれば意外とあっさり出し抜くことが出来る可能性はありますが、単純にプロフィールで比べられれば太刀打ちできません。

なので「出来る限り盛る」というのが重要です。

これ以外にもマッチングアプリで苦戦している人向けに、苦戦自分だからこそわかる攻略法をまとめたので、合わせてそちらもご一読いただけると勝つことができますよ。

マッチングアプリ攻略法をnoteにまとめました

これまでマッチングアプリに苦労しまくった自分だからこそ提供出来るマッチングアプリノウハウをnoteにまとめました。

  • 文字数にして約15,000文字
  • メッセージ例などの写真多数あり
  • 価格はパーティの参加費以下

を提供しています。

興味のある方は是非下記ページをご参考ください。

※無料で読める部分だけでも十分参考になると思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です