土曜日にプチ街コンに参加した時の感想

出会い系アプリ(マッチングアプリ)を利用することが多かった俺だが最近は街コンによく参加している。

理由は3つ。

  • 会うまでの労力が皆無
  • 複数の女子と同時に会える
  • 男子メンバーの調査及び交流ができる

街コンはお金さえ払ってしまえば必ず女子と出会うことができ、また同時に複数の女子とLINE交換が可能なので、非常に効率的だ。

また本来繋がりのない男子メンバーと会えるのも街コンならではの特徴で、どのうような男が参加しているのか調査することができる。中には合コンやパーティのお誘いをしてくれる人もいるのでこの点においては大きなメリットを感じる。

 

本題に入ろう。

今年(2018年)の1月くらいに土曜日の昼間に開催された街コンに参加してきた。

テーマは大人のプチ街コンというもので、普通に椅子に座って対面の女子とお話しするというものだ。

概要は下記の通り。

大人のプチ街コンの概要

参加者は男女合わせて20人程度。男女比は若干男が多かったがバランスはとれていた。

参加費は6,400円。

今回友人と4人で参加(2人組×2組という形で分かれた)した。

「大人の街コン」と題するように男女ともに年齢の上限が40歳過ぎだったためか、アラサーの俺はかなり若い方で男女ともに35歳前後が多かったように思う。

二人申し込みが可能なものだったこともあり、参加者の半数くらいが二人組で、一人で参加している人も多かった。

席は4人掛けのテーブルが5つくらいある感じで、15分ごとに席替えを行うという典型的な街コンらしいものだった。

俺はアラサーくらいの女子なら大歓迎で年上でも綺麗な人なら全く問題ないが、一緒に行った友人たちは少しげんなりしていた。若い女子が好きな人は年齢制限の低い街コンに参加しましょう。

お酒と軽食が出てきたが、お酒を飲んでいる人は男女ともに少数だった印象だ。

35歳以上の街コン参加者はちょっとキツイ

今回、女性参加者のほとんどが30歳以上(と思われる)で、そのうちのおそらく半分くらいが35歳を超える人だったと思う。年齢を聞いたわけじゃないからあくまで見た目での判断だが。

35を超えて街コンに参加している女子というのは、やはり売れ残り感があった。

見た目が綺麗な人もいたが、なんとなくガードが堅く、お高い感じがする人が多かった。

最初に話した35前後と思われる女性はまあまあ綺麗な人だったが、カルティエの時計(安くても40万円以上のものと思われる)をしていて若干近寄りがたかった。

中には既婚者で浮気相手を探している人もいるかもしれないが、おそらくかなり少数派だろう。

35歳を超えて結婚していない女子は、

  • さほど綺麗じゃないのに理想が高い
  • 綺麗じゃなさ過ぎて誰にも相手にされない
  • 仕事に没頭しすぎて婚期を逃した

のどれかだろう。

3つ目の人であれば良いが、それ以外の人とはあまり出会いたくはない。

街コンの結果と感想

今回の街コンでは強制じゃないと言いつつ、LINE交換タイムが会ったため、ほとんどの女子(6人くらい)とLINE交換をした。

終了後は事前に二次会を計画していたが、女子の面子を見て友人たちが乗り気じゃないので4人で反省会をすることになった。

俺は何人か気に入った子がいたので、とりあえず全員にお礼のLINEを送った。

その中でも一番好みの女子と良い感じだったので後日お茶することになった。

本当はその場ですぐに会うのがベストだったんだけど…

そして結局予定当日になって俺が行けなくなってドタキャンしてしまって終わった…

感想と反省

今回の反省点は2つある。

一つは年齢制限についてだ。

俺は多少年上でも気にしないし、40オーバーでも美人なら何も問題ない。

しかしアラサー以上はマッチングアプリでも比較的イージーゲームで、どうせなら若い女子とも出会いたい。

前回の街コンは年齢制限が32歳ということもあって、来ていた女子は全員が20代だった。中には前半もいた。

街コンのようなカジュアルな出会いならそういう若い世代の方が闘いやすいかなと思う。

35以上の女子で、本気度高めで街コンに来ている場合、狙っているのはおそらくやや年上の安定的でやや高収入のモテなさそうなおっさんだ。

俺のような若くてお金なさそうな男(実際はその辺の男よりあるけど証明は出来ない)は婚活市場では不利だ。

 

もう一つは友人達と参加したことで、終了後に女の子と二人で会えなかったことだ。

上述したLINEの女の子はおそらくその日に二人で会いたかっただろうし、会うことができただろう。

「鉄は熱いうちに打て」という諺の通り、街コンの短いトークの時点で良い雰囲気になっていれば、その日のうちに攻めないと熱が冷めてしまう。

これは仮に2対2等で二次会になった場合も同じで、二次会で良い雰囲気になっても最終的に2人きりになることが出来なければ次回に持ち越しとなり、成約率が下がる。

俺はその時に会っただけの女子よりも友人を大事にしたいので、自分だけ抜け駆けするようなことはしたくない。

という理由から俺は街コンは基本的に一人で参加した方が良いと思った。

街コンでの成功はまだだが手応えはある

街コンのゴールを「可愛い彼女をゲット」とするのか、「可愛い女子とセックス」とするのかまだ明確なものはないが、いずれにしてもどちらも達成できていない。

が、今回は女性参加者の中でも最もタイプの女子とアポ取りまで行けたので手応えは感じている。

街コンはストナン、クラナンと称されるナンパに比べればはるかにイージーゲームだ。

だが、女子は参加申込料が安く、参加すれば多少若くて多少可愛いくらいで入れ食い状態(男からのアプローチが殺到する状態)なので、少なくとも街コンに参加する男子の中では上位にいないと上手くいかない。

次はまずデートに行く、までを紹介できるように頑張りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です