タップル誕生に既婚者が多い理由とその暴き方

タップル誕生だけじゃないが、マッチングアプリや出会い系アプリには既婚者が紛れ込んでいる。

これはおそらく男だけじゃなく女にもいる。

マッチングや出会い系は名前や現住所、年齢等を隠すことが出来るため、隠れて恋愛するのに持ってこいだからだ。

タップル誕生をはじめペアーズやomiai等の婚活マッチングアプリは利用規約に既婚者はNGと書いてあるのだが、年齢確認のそれと違い独身と証明する必要がないので既婚者でも簡単に登録出来てしまう。

独身と証明するのはやや手間が掛かる、という理由もあるが個人的にはアプリ会社側がは半分くらい容認しているような気がしないでもない。

お金くれるなら別に良いかと。

中でもタップル誕生はペアーズやomiaiに比べて既婚者が多いと思う。

その理由は以下の2つだ。

※既婚者向けのマッチングアプリの利用についてはこちらで解説しています

タップル誕生はfacebook認証がない

タップル誕生は数少ないfacebook認証不要で登録出来るアプリだ。

人気マッチングアプリ、ペアーズやomiaiはともにfacebook認証が必要で、どちらもfacebookで通知されるわけではないが、やはり既婚者は慎重にならざるを得ないだろう。

その点タップルは免許証での年齢確認以外何も必要がないので気軽に登録できる。

マッチングアプリの中でも良く言えばカジュアル、悪く言えば軽い印象を持たれるのはこのためだ。

個人的に思うのはそもそもタップルはそういうカジュアルな出会いを求める人が利用するためのものな感じがする。

ペアーズは本気度が高く、タップルは遊びの恋愛、という感じ。これは男女ともにいえることだ。

後述するがそもそもタップルの仕様は海外でも爆発的な人気を誇るTinderに似ていることから真剣な婚活するツールとは考え難い。

タップル誕生は不完全情報な仕様となっている

タップル誕生の仕様は俺が知っている限り最も不完全情報なアプリだ。

不完全情報とはその名の通り、情報が不完全な状態を指す。

出会い系、マッチングアプリは自分の情報をどこまで隠すか自分で選べるため、その気になればすべて隠すことが出来るのだが、例えば本気度の高いペアーズやomiaiでは年齢変更が出来ない等、ある程度完全情報の側面がある。

それに比べてタップルは年齢も後から自由に変更が可能な仕様となっている。

また、タップルはカード形式となっているため、プロフィール検索で一覧表示されることがない。

更にアプリ内で購入できるアイテムに「とうめいマント」というのがあり、これを利用すると自分が「いいかも」をした相手とマッチングした相手のみ表示されるようになる。

つまり(自分が誤っていいかもを押さない限り)知人に完全にバレずに利用出来るのである。

これは明らかに不倫用アイテムではないか?笑

だってタップルは同性を表示できないんだよ?隠す必要ないと思わないか?

ちなみにとうめいマントはカード100枚で購入が可能で、他のアイテムとは違い、一度購入するとずっと使える非常にリーズナブルな商品となっている。

タップル誕生の仕様はTinderに近い

タップルのカードシステムは実にTinder(ティンダー)によく似ている。

ティンダーとはアメリカ発のマッチングアプリで世界中で利用されている。

俺が知る限り最もカジュアルなマッチングアプリで、プロフィール画像にカップルで写っている写真を使用している女子がいるほどだ。

ちなみに公開情報は名前と年齢だけ。facebook認証となっているが。

欧米は日本に比べてカジュアルな恋愛を好み、そもそも特定の異性とお付き合いするみたいな概念が緩い。だからカップルで写っている写真を平気で使えるし、芸能人の不倫くらいでバカ騒ぎもしない。普通だから。

タップルのカードシステムはそのティンダーに非常に似ている。

俺が思うにタップル誕生はそもそも本気で婚活する人に向けられたアプリではない。

上述したとうめいマントを見る限り、建前上は既婚者をダメにしているけど、容認しているようにしか思えない。

既婚者を暴く超簡単な方法

タップルをやっている男のほとんどが相手が既婚者であるかどうかをあまり気にすることはないだろう。

男は所詮未婚だろうと既婚だろうと可愛い女子とイチャイチャできればそれで良いのだ。

しかし女子は違う。

タップルやペアーズをやっている女子の中には婚活パーティくらいのレベルで真面目に彼氏を探している人も多い。

俺が出会った女子もやはり数人がそんな感じだった。

だからできれば将来結婚を考えられる男子と出会いたい、既婚者の男とは関わりたくない、と考えていることだろう。

しかしタップルの男は当たり前だが自分が既婚であることを隠す。

ではどうすれば暴けるのだろうか。

これはとても簡単なことだ。

まず相手の自宅について質問しよう。

自宅の間取りや住居の場所、

ペットを飼っているかどうか、

駅までの距離、

等を聞くと一人暮らしであるかどうかはだいたいわかってくる。

例えば普通と駅から徒歩20分以上、2LDKのマンションに一人暮らしで住む人は普通少ない。

都内で仕事していて職場から1時間以上掛かる千葉や八王子等の郊外に住む必要もないだろう。

住居について質問をするとライフスタイルがわかってくるのでいろいろ見えてくるはずだ。

夜に電話ができないやつは一人暮らしの可能性が薄い

「電話がしたい」

というのも一つの見極め方だ。

相手の仕事が終わって夜に「電話がしたい」と言って断ってくる男は一人暮らしの可能性が薄い。

もちろん電話そのものが苦手で拒否することもあるだろう。しかし一つの判断材料としては適格だ。

これらで相手が一人暮らしかどうかの見極めは可能だ。

実家暮らしと家庭持ちの男は判別ができない

厄介なのは実家暮らしの男だ。

実家暮らしの男は上述した判別方法が全く使えない。

家族で住んでいるなら郊外に家があってもおかしくないし、家族がいれば夜に電話がしづらいのもうなずける。

タップルには無数の男がいるので「絶対に既婚者に当たりたくない」という人はプロフィール欄が「一人暮らし」となっている男とのみ接触しよう。

一人暮らしだと嘘をついているやつにボロを出させるのは簡単だ。

まとめ

以上のことからタップル誕生は既婚者が好んで使うマッチングアプリであると言える。

本気で探すならペアーズかomiaiの方がまだマシだろう。ただこれらも独身を証明しないと登録出来ないわけではないので同じくらい既婚者が紛れ込んでいる可能性は十分あるが…

どこの誰かも分からない人と恋愛する際は、相手が既婚者である可能性を考慮する必要がある。

これはネットでもリアルでも同じだ。

リアルな出会いの場合、例えば会社の関係者などであれば知人伝手に独身かどうかある程度分かるだろう。

しかしナンパや婚活パーティ、街コン等で出会った異性は共通の知人がいないため、情報を集めにくい。

既婚者が自ら既婚者であると明かすとは限らず、「既婚者の可能性がある」ということを頭の片隅に入れておくことが大切だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする