関東圏に住んでいてペアーズで会えない男性のための対処法

ペアーズを使うようになって3カ月くらいか。

俺はペアーズ、タップル、ハッピーメール、tinderの4つのマッチング、出会い系アプリを使ってきたが、現状では圧倒的にペアーズが会いやすいと感じている。

ちなみにこれまで会った人の数は8人くらい。月2~3人程度のペースで会っている。

会員ステータスは現在3カ月無料のプレミアムオプションが付いている状態だ。

プレミアムオプションに関しては、

1.毎月「いいね」が+20追加されて合計50になる

2.上位表示されやすく相手からの足跡、いいねが付きやすい

というメリットがあるので余裕があれば入っておいて損はないと思うが、別にプレミアムでなくても何の問題もないと思う。

ペアーズに関しては通常の月額料金の課金のみでかなり会える。

しかし中には苦戦している人もいるだろう。

今日はペアーズで中々会えないという人のためにコンスタントに会う方法を解説しよう。

 誰でも良いからまず会ってみること

まず第一に「会えない」と言っている人は選り好みをしている可能性があるのでそれについて触れておこうと思う。

マッチングアプリで選り好みをしてコンスタントに出会うことができる男はほんの一握りだけだ。

それこそいいねが少なくとも100を超える程度のアカウントでなければ中々選んで会うことはできないだろう。

ちなみに男性アカウントでいいね100を超えるのは上位1%以内と言われている。

男性の平均いいね数は20程度であり、5未満のアカウントが大半を占める。

いいねが20程度あれば、すべてマッチングさせれば月20人とのやり取りが可能だが、いいね数が5程度だと5人としかやり取りができない。

マッチングした人全員と会えるならそれでもそこそこ選ぶことができるだろうが、体感的に直接会うまで発展する人は10人中せいぜい2~3人程度。月5人程度とのやり取りでは一人会えれば良い方である。これでは選ぶことはできない。

俺の場合、現在いいね数はだいたい40前後を推移していて、このうちメッセージのやり取りが続くのが3分の1くらい(自分で選んで発展しないこともある)。

十数人の人とメッセージのやり取りを行って月2~3人程度会うという感じのペースだ。

しかしこれでもあまり選べる立場ではない。

当然だが若くて可愛い人気のある女子アカウントばかりに「いいね」をしていてはマッチングしないからである。

ここでペアーズの「いいね」についてちゃんと理解していない人のために基礎的なシステムを解説しておこう。

いいね数は「ありがとう」でもカウントされる

ペアーズで表示されているいいね数は以下のような性質がある。

  1. 相手からのいいねでカウントされる
  2. ありがとう(いいねお返し)でもカウントされる
  3. 表示されている数字は直近1カ月(30日)

特に2つ目の相手からのお返しでカウントされるということが重要で、「いいね」をたくさん増やしたければ「ありがとう」をもらえるアカウントに「いいね」を送るという手法が有効的であると言える。

実際、相手のいいね数が30以下くらいだと「ありがとう」をもらえる可能性が非常に高い。

そしてお返しでいいねが付くということはできるだけたくさん「いいね」するという攻略ポイントもすぐに浮かぶだろう。

よって「いいね」を極力増やしたい全男アカウントは以下の行事を毎日必ず行おう。

その行事とは「本日のピックアップで全いいねを行う」ことだ。

本日のピックアップとは無料でいいねが押せるボーナスのようなものだ。

毎日4人~6人の(相性の良いとされる)女子アカウントがピックアップされ、いいねを無料で押すことができる。押しても押さなくても手持ちのいいねは変わらないので全いいね推奨だ。

またこの本日のピックアップはアプリ版とウェブ版で分かれていて、合計で8人~10人毎日いいねを押すことができる。

なので毎日必ずアプリとウェブでログインして本日のピックアップを全いいねしておこう。

ここで表示されるアカウントはあまり人気のないアカウントであることが多い。

経験上8人いいねをして1~2人くらい返ってくる。

毎日やっていればこれのお返しだけで30~40程度いいねが付く計算となる。

俺は手持ちのいいねはあまり使わず、マッチングした相手はこれによるものがほとんどだ。

何故いいねを増やす必要があるか

これを読んだ読者の中には、

「俺は可愛い子に会いたい」

「無駄にいいねを増やす必要はない」

と考える人もいるだろう。

しかし断言しておく。

いいねが少ない男に会ってくれる可愛い女子はほぼいない。

何故なら女子は人気のない男に興味がないからだ。

女子は例外なく人気のある男が好きだ。

若くて可愛い選べる立場にある女子アカウントには毎日たくさんのいいねが付けられる。

いいね数が500の女子は1日平均16人から、300でも毎日10人からいいねが飛んできている。

この中で彼女たちがどれくらいの人と会うのかわからないが、月に2人と仮定すればやはり上位1%以内でなければ厳しいだろう。

いいねしてくる男がどんな男なのか、顔写真とプロフィールである程度分かるが、人気のあるものが好きな女子にとってやはり「いいね」の数に対するウエイトは非常に大きい。

少なくとも平均以上、上位10%程度、30いいねくらいはないとある程度の女子と会うことは厳しいだろう。

いいねの増やし方に関してはかなり奥が深い話になってくるのでここまでにしておくが、とにかくまずやることは、「アプリとウェブでログインして毎日本日のピックアップで全いいねすることである。

これで全然いいねが返ってこない人はプロフィールを見直す必要がある。

それに関してはまた別の機会に解説しよう。

マッチングした人にメッセージを送ってみる

本日のピックアップで全いいねすれば月に数十人とマッチングすることができると思う。

ここで全然いいねが返ってこない場合はプロフィールを見直す必要がある。

無事マッチングした人にはすぐにメッセージを送り、まずまともな人間であることを伝えよう。

ペアーズのようなアプリを使っている男は大半が非モテであり、童貞である。

これまで女の子とメールやLINEなんかをあまりしたことがない人が多く、女子側はそういう非モテ男性に対してうんざりしている。

なのでまず普通に会話ができること、会って楽しくお話できそうだということをメッセージ段階で伝える必要がある。

しかしメッセージは長すぎてもダメだ。

ペアーズに限らず日常的なLINEのやり取りを含めてあらゆるシーンで長文メッセージは良い結果を生み出さない。

俺の場合、今のところ最初のメッセージは以下のものがほとんどだ。

はじめまして!ジェットと言います。

よろしくお願いします^^

※実際のメッセージのやり取りの画像。

実はファーストメールに関しては賛否両論あるが、現状ではこのような簡素なものを送ることが多い。

たまにどうしても話題にしたいネタがある場合のみ、

「〇〇が好きなんですね!僕も好きです!」

のようなものを入れるが、いずれにしても簡素である。

ファーストメッセージに関しては実験しながら何がベストか突き詰めていくつもりだ。

が、確実にNGなのは相手に返信の負担が掛かりすぎるメッセージを最初に送ってはいけないということだ。

これは男にも女にも言えることだが、返信に手間が掛かりそうなメッセージはどうしても後回しになってしまう。

俺はペアーズで十数人メッセージのやり取りを行っていて、他のマッチングでも数人やり取りを行っていた際に気づいたのだが、やはり長文のメッセージは負担が大きくなるため後回しになってしまう。

ユーザー比率的にほぼもれなく女子はたくさんのメッセージが届いているため、まだ優先度が高くない相手から、返信負担の大きいメッセージが来ると後回しにされて最後尾にされる可能性が高い。

そのまま数日過ぎると「今更悪いかも~」とかなって返信が来なくなる。

なので人と差別化するために、長文で自己紹介的なメッセージを送る場合にしても、必ず返信の負担を小さくする一言(返信はよろしく^^でOKです)が必要であると考える。

返信負担の小さいメッセージを送れば、相手がよほどの人気アカウントでもない限り、高い確率で返信が来る。もちろん来ないこともあるが…

それでも10人のうち5人くれば5人と会えるチャンスがあることを意味する。

5人のうち1人でも会うことができれば月に1人程度のペースで会うことは容易だろう。

アポ取りは1週間以内で調整をする

ある程度メッセージのやり取りを行ったら実際に会う予定を打診してみよう。

ナンパ業界ではよく「アポ取り」と言われる。

メッセージのやり取りからアポ取りまでの時間は状況や目的、相手によって変わってくるが、俺の場合だいたい1週間前後であることが多い。

メッセージのやり取りの頻度が高い人は3日くらいでアポ取りすることもあるし、1日一通以下くらいの人が相手だと1カ月以上掛けることもある。

また、誘い方だが上手い口実を使わなければ正直結構なんでも良い。

マッチングアプリなので相手も恋愛目的で会いたいわけなので、下手な口実を言う必要は全くなく、むしろデメリットでしかない。

「今度お会いしましょう。」

「今度ごはん食べに行きましょう。」

「カフェでちょっとお話しませんか?」

「ちょっと飲みませんか?」

のようなやつを結構唐突に入れるのが俺のやり方だ。

打診のタイミングはやはりある程度信頼関係ができてきた、と感じた時だ。

「この人とはこんな感じでしばらくメッセージのやり取りが続きそうだな~」

と感じた時、どうせなら会って話せば良いと思って上記のような感じで「会いましょう」と打診する。

ある程度信頼関係が築いてさえ言れば誘い方なんて何でも良い。

 

ただ、日程の調整は1週間以内で行うこと。これはかなり重要視したい。

「会いましょう」

「カフェでお茶しましょう」

と伝えた日から起算して一週間以内に予定を入れること。最悪10日以内。

今日が金曜日なら来週の金曜日までに予定を入れる。

それ以上後になりそうな場合は一旦日程を保留した方が良い。

実は予定が先に行けば行くほど会える可能性が大きく下がる。

それまでに相手に良い人が見つかったり、めんどくさくなったり、忘れていたりと様々な理由で遠い予定はキャンセルになりやすいのだ。

だから予め余裕のある週にアポの打診を行おう。

まとめ

ペアーズはさくらや業者アカウントがほとんどいないのでマッチングさえすれば会うことは容易い。

いいねが月30あれば30人とマッチングすることが可能で、そのうち1人、2人会うことは容易いだろう。

全然会えない人はまずマッチングすること、いいねを獲得することからだ。

たくさんの人とマッチングをして、メッセージのやり取りを行えばコツがつかめてくるはずだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です