【男性向け】一人で街コンに参加する時の攻略法

先日で累計6回の一人街コン参加となった。

6回も行けば一人で街コンに参加する際の立ち回り方法、攻略法が見えてくる。

街コンは以前2人以上で参戦するイベントというイメージが強かったが最近は、

「一人参加OK」

「一人で申込み方が多いです」

とする街コンが目立つようになってきたくらいには一人で参加することに抵抗がないイベントが多くなってきた。

一人なら友人に気を遣う必要もないし、都合を合わせる必要もない。

そう考えて一人で街コンに行こうと考える人も多いだろう。

本ページではまだ6回程度の経験しかないが、ある程度攻略法が見えてきたので一人街コンについて解説しよう。

初心者が一人参加で選ぶべき街コン

街コンの参加を検討している人はおそらく街コンジャパンというサイトで検索していると思うが、ここではたくさんの街コン、婚活パーティが紹介されている。

公式サイト:街コンジャパン

ここでは一人参加OKとする街コン、婚活パーティが数多く紹介されているが、一人参加の場合基本的に一対一でちゃんと話せる街コンを選ぶ必要がある。

初心者は一対一で話せるイベントを選ぼう

男女の出会いの場において、相手との関係を深めたい場合、一対一で話せる状況にすることが必須である。

友達を交えての2対2の付き合いでも、4対4の合コンでもなんでもそうだが、とにかく2人で話さなければ恋愛関係になることはほとんどない。

友人と2人で参加する場合、事前に打ち合わせしておけば2対2の席になっても(同じテーブル内で)1対1で対話することが可能だ。

しかし一人参加の場合、主催側であえて1対1で話せる状況にしてもらわない限り、そうはなりにくい。

俺が参加した6回の街コンのうち2回は1対1で話せる機会が全く無かった。話せなかったのはどちらもテーブルに座ってしゃべる飲み会型のイベントだ。

こういった複数人でテーブルに座ってしゃべるタイプの街コンは特に人数が少なければ絶望的である。

というのも例えば男2人、女2人の4人席の場合、そのテーブルの4人で会話するのが自然で、恋愛の話に発展しづらいからである。

4人でテーブルを囲むと4人で話すのが自然だから1対1で話すことが出来ない。これは最悪の状況だ。

また、街コンには結構な確率でマルチ商法などのビジネス勧誘を視野に入れた女子がいる。こういう女子がテーブルに一人でもいると全く恋愛の話にならない。友達もあんまりいない一人女子が参加してきた際にそのマルチ系女子がその女子と次に合う予定を立て始めているなんてことががあるくらいだ。

なので一人参加の時はできる限り1対1で話す機会を設けている街コンを選ぼう。

飲み会型はお酒が入るので交流しやすいが、小規模だと恋愛の話にならない。金曜、土曜日のイベントならたくさん人がいるから良いが平日の飲み会型のイベントは絶対ダメだ。

動物園や水族館等アクティブ系がおすすめ

一人参加で挑む場合は動物園や水族館、夜景を見ながらお散歩、のような街コンがおすすめだ。

これらは男女ペアで横に並んで歩いて回るため、必然的に1対1での会話が可能となる。

進行方向
男:女
男:女
男:女

という感じだ。しばらく歩くと入れ替えがあるが、基本的に常時女子と1対1で話すことが出来る。

動物園や水族館等を回るイベントは場合によっては意図的に好みの女子と2人で話す機会を作ることが可能だ。

テーブルを囲む飲み会の場合、正面の女子としか1対1で話すことがほぼ出来ないし、「隣の席で勝手に盛り上がっている」というような状態にならない限りサシで会話する機会はほとんどどない。

立食形式は一対一で話せやすいので慣れればOK

立食形式のイベントは通常一つのテーブルに男女合わせて4~6人程度で付くことが多い。

街コンではむしろこの立食形式の合コンスタイルが基本スタイルな気がする。

立食は座って飲むイベントよりも比較的一対一で話しやすい。

というのも立食の場合、テーブルが丸くなっていることが多く、また移動がしやすいため距離を詰めやすい。

この場合やはり2対2の4人テーブルだとみんなでワイワイになることもあるが、4人での会話というのはみんなで話しているようで、実際は一人が話して残り3人は聞いている(本当は聞いているフリしているだけ)というケースが多い。

なので隣にいる女子が退屈そうにしている隙きを見つけて「今日はどこから来たの?」と声を掛けてみよう。

ちなみに3対3、もしくはそれ以上の人数で一つのテーブルを囲むイベントの場合は、自分の配置がとても重要になる。

男性3人一組になってしまった場合、真ん中にいると圧倒的に不利である。

この位置にいると女子との距離を縮めることが難しく、特に左右の男のコミュ力が高いと最悪の場合孤立してしまう。俺は度々孤立させてしまっているように思う笑

街コンではシャッフルタイム(席の移動)があるので初回は運に任せるしかないが、移動の際に極力真ん中になってしまわないように移動することが大切である。

一人街コンでの立ち回り

一人参加で1対1で話せる機会が多い街コンに行った。

問題はその後だ。

どうすれば狙った女子を射止めることが出来るのか解説しよう。

第一印象で8割決まる

男女の出会いには大きくわけてコミュニティ内の出会いとコミュニティ外の出会いに大きく分けられる。

コミュニティ内の出会いとは、

  • 社内(日常的に顔を合わせる程度の範囲)
  • 大学や社会人のサークル
  • その他恋愛外で日常的に顔を合わせる集まり

である。

コミュニティ外の出会いとは、

  • 合コン、街コン
  • ナンパ(クラブ、ストリート他)
  • マッチングアプリ
  • その他通常恋愛以外の目的で再度会うことがない出会い

特に後者の出会いの場合、出会った女子をゲットできるかどうかは第一印象で8割、いや9割決まると言っても過言ではない。

第一印象で「この人いいかも」が引き出せるかどうかが肝心で、逆に「なし」と思われたらそこから巻き返すことはほとんどできない。前者の場合それでも顔を合わせている限りは巻き返しが起こる可能性は無きにしもあらずだが、後者の場合そもそも再度会うことさえもかなわないだろう。

この第一印象の段階を巷で話題の恋愛工学では、「Aフェーズ(Attraction phase)」といい、Aフェーズをクリアしていなければそれ以降に進展することはほぼない、とされている。

ちなみにAttractionとは「引き付ける」という意味で、つまり街コンやその他コミュニティ外の出会いでは第一印象で自分を引き付けることが必要不可欠となる。

第一印象で相手を引き付ける方法については、

  • ルックスを極限まで高める
  • 自慢にならない程度に仕事やプライベートの話をする
  • 自信、余裕のある立ち振舞い

などが重要であるが、詳しくは別ページで解説しようと思う。

バックトラッキングとイエス・セットができればOK

よく恋愛では、「会話力が大事だ」とか「コミュニケーション能力が大事だ」とか言われるが、実はそれらはただ表面的な部分を表しているにすぎない。

もちろんそれらは重要な要素の一つかもしれないが、それ以上に大事なのは「相手の話を聞く」ことである。

実はこれができる男性というのは非常に少なく、「相手の話が聞ける聞き上手」になるだけで第一印象さえクリアしていれば多くの女子を虜にすることができる。

ただ聞き上手というのは、相手の話に適度に相槌をいれ、話を拾ってリアクションする必要が実は簡単ではない。

そのためある程度訓練が必要だが、一つだけすぐに取り入れることが可能で、また効果が非常に高い会話術がある。

それが「バックトラッキング」と「イエス・セット」だ。

どちらもNLP(心理術のようなもの)に出てくる会話術で恋愛だけでなくそれ以外の人間関係を良好にするためにも使うと良い。

バックトラッキングとは、日本語で「オウム返し」と呼ばれるもので、相手の言ったことを繰り返すだけのもの。

例えば、

「今日はどこからいらしたんですか?」

という質問に対して、

「横浜からです」

と返答があれば、

「横浜から来たんですね」

と復唱するイメージだ。

「仕事は何をしてるんですか?」

「事務です」

「事務なんですね」

というイメージ。

これに合わせて「イエスセット」と呼ばれる会話術を使うと聞き上手な人になれる。

イエスセットとは相手から「イエス(はい」を引き出す会話術で、相手は「イエス(はい)」と答えることで自然と心を開いてしまう、というものだ。

「イエス」を引き出す質問は実はとても簡単で、ただわかりきっていることを聞けば良い。

街コンだと具体的には、

「たくさん人いますね」

「だんだん寒くなってきましたね」

「今日は天気良かったですね」

「駅から結構遠かったですね」

「(お酒を指して)○○好きなんですか?」

などいくらでもある。

また上述した「バックトラッキング」と合わせて使うと以下のように簡単に「イエス」を引き出すことが可能だ。

「仕事は何をしてるんですか?」

「事務です」

「事務なんですね」

「はい(イエス)」

「今日はどちらからいらしたんですか?」

「横浜です」

「横浜なんですね」

「はい(イエス)

といった感じだ。

実はたったこれだけで相手の女子は、

「この人は私の話を聞いてくれるいい人だ」

「この人はちゃんと会話ができる人だ」

「この人と会話してて楽しい」

「この人といると楽しいかも」

と思ってくれる。

ただ「バックトラッキング」も「イエスセット」も基本中の基本で一見簡単そうに見えるが、やはり会話に自信ない人がいきなりやると不自然になってしまだろう。

だから仕事でもなんでも日常的に少しずつ取り入れて練習することをおすすめする。

平日は後日に、休日はその日に次に繋げよう

街コンはイベント時間がそれほど長くないため、

  • 彼女にする
  • 一夜をともにする
  • セックスをする

等いずれの目的でもそれだけでは難しい。

ラポール(信頼関係)が形成出来ていないため、街コン後すぐにホテル、というのはほぼ無理だろう。

なので最低でもワンクッション挟む必要がある。

このワンクッションだが、平日の夜のイベントの場合は後日に、金土の夜や日曜日の昼間は当日にすると良いだろう。

平日の夜の場合街コンが終わるのが22時くらいになってしまうのでそこからバーなどに行けばそこで終電を迎える。翌日仕事があればその段階でジエンドなのではじめから二次会には誘わない方が良い。

お互い次の日が休みの可能性が高い金土の夜は街コン⇛バーや居酒屋⇛ホテルでも問題ないのでその日に次につなげてOK。

日曜日も昼間であればホテルまで行って終電に間に合うように設計できれば次につなげてOK。

とにかくスケジュール的にその日にホテルまで行けそうにないのであれば街コンの時点で次に誘わないことをおすすめする。後日時間があるときに誘おう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする